サンプルページ

毛抜きで脱毛

Posted by on 6月 3, 2012 in 必須美容 | コメントは受け付けていません。

自宅で行う脱毛方法で、特に一般的なのが毛抜きで抜くという方法です。
毛抜きひとつあれば脱毛できますので、エステに通ったり、機械を使って脱毛したりするよりもコストを抑えることができます。

女性などは、わきの下の脱毛や腕毛の脱毛に毛抜きを使用するケースが多いようです。
すが、毛抜きで抜く方法にはデメリットもあります。
1本1本挟んで抜いていくため、かなりの労力が必要になります。
のため腕毛やすね毛などのような面積の広い部分などはかなり時間がかかってしまうのです。
また、毛抜きで抜くと痛みも伴います。
部位によっては耐えられない痛み、時には血が出てしまうこともあります。

毛を抜くと毛穴が開いた状態になりますので、そこから雑菌などが入り込みやすくなってしまいます。
それだけでなく、次の新しい毛が生えてくる前に皮膚が毛穴をふさいでしまうことがあり、そうすると皮膚の中に毛が埋まってしまう埋没毛になってしまう危険性もあります。
そのため、毛抜きで抜くという方法はあまりおすすめではない脱毛方法のようです。

ムダ毛はいつ頃から生えてくる?

Posted by on 5月 3, 2012 in 必須美容 | コメントは受け付けていません。

基本的にムダ毛というのは、生まれたばかりの頃から小学生の頃まではほとんど目立つことはないです。
一般的にムダ毛が生え始めるのは中学生や高校生頃からで、その頃から徐々に濃くなってきて目立ってくるのです。

男性は特にヒゲや脇毛、陰毛などが濃くなってきますし、体質で体毛が濃いという人は胸毛やへそ毛なども濃くなってきます。
女性は男性ホルモンが少ないですので、比較的濃くはならないですが、それでも陰毛や脇毛など、体の大切なものがあるところはそれを守るために濃くなってくるのです。
ですが、女性でも人によっては腕毛やすね毛などが濃くなる人もいますので、高校生ころから脱毛処理を始める人がいるようです。

また、女性は年齢が進み、50代、60代になると閉経します。
閉経するということは、それに伴い女性ホルモンの分泌が少なくなり、男性ホルモンが多くなってきます。
それにより、ひげが黒く濃くなってきたり、体毛が濃くなってきたりする人もいるのです。
おばあさんなどが男性ほどではないにしろ鼻の下などに濃い産毛が生えているのはそのためなのです。

ムダ毛は遺伝?

Posted by on 4月 3, 2012 in 必須美容 | コメントは受け付けていません。

ムダ毛が濃いか薄いかというのは男性ホルモンの量によって異なります。
男性ホルモンが多ければ体毛は濃くなりますし、逆に少なければあまりムダ毛は濃くならないのです。

この男性ホルモンの量というのは、思春期を超えたころから多くなってきますが、多いか少ないかというのは遺伝の要素が強いのです。
そのため、両親や祖父母がムダ毛が多ければ、自分もムダ毛が多くなるのです。
ですが、これは必ずしもそうなるというわけではなく、生活習慣によっても変わってくることがあります。

この男性ホルモンというのは一般的に食生活でも量を減らすことができます。
豆類にはイソフラボンが含まれており、男性ホルモンを抑制する働きがあります。
逆に肉類や乳製品などの動物性脂肪は、男性ホルモンの分泌を活性化させてしまうこともあります。
そのためたとえ遺伝でムダ毛が薄い体質だったとしても、濃くなってしまう可能性はあります。
こういった食生活でも解消されずムダ毛が濃くなってしまったという人は、さまざまな脱毛方法がありますので、濃い部分に適した脱毛方法を行うといいです。

ムダ毛とは

Posted by on 3月 3, 2012 in 必須美容 | コメントは受け付けていません。

人間の身体には無数の毛穴があり、それとともに多くの毛が生えています。
髪の毛やひげのように濃いものもあれば、産毛のように目に見えない細い毛もあります。
その中で、主にむだ毛といわれているのは頭髪以外の部分に生えているあまり必要のない毛のことを言います。

主に脇毛や胸毛、腕やすね毛などをむだ毛と呼んでいるのです。
そういった部位の毛は特に女性などはファッションのために処理することが多いようです。
むだ毛処理の方法はさまざまありますが、自宅で毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりする方法のほか、エステティックサロンなどで脱毛してもらうという人も多いようです。
むだ毛とはいいますが、実際身体のけというのは、大事な部分を守るために生えており、特に重要な部分が濃くなっているのです。
そのため、無駄な毛というのは存在しないのです。

また、もともと生えている毛を抜くということは少なからず痛みも伴いますし、肌を傷つけてしまいます。
また、雑菌なども入りやすくなりますので、適切な方法で行うことが望ましいのです。

自宅でできる脱毛

Posted by on 2月 3, 2012 in 必須美容 | コメントは受け付けていません。

夏に近づくと、どうしても気になってしまうのがムダ毛です。
薄着をする機会が多くなり、また海などに行って水着になり肌を露出するケースが多くなります。
そのため女性は特にビキニラインだけでなく腕毛や脛毛などの脱毛は欠かせないものです。
ムダ毛処理はもちろんエステなどに通っておこなうのが最も理想ではあるのですが、なかなか通う時間もなく、また費用も高くなってしまうものです。
そのため、出来るだけ自宅で処理したい人が多くいるようです。

自宅で脱毛する場合には、毛抜きで抜く方法や、カミソリで剃る方法、脱毛剤、抑毛剤などがあります。
ですが、部位によっても適した脱毛方法がありますし、また脱毛をする目的によっても脱毛をするタイミングも異なるものです。

自宅で脱毛する場合、注意しなければいけないのが、肌荒れです。
エステなどでは肌の状態を見ながらおこない、アフターケアも万全なのですが、自宅では肌の状態も確認せず、ケアも怠りがちです。
そうなるとせっかく脱毛しても炎症を起こしたりして見せられない肌になってしまいますので十分に注意することです。